トップページ >  みやぎジュニアトップアスリートアカデミー >  事業紹介

事業紹介

 

みやぎジュニアトップアスリートアカデミーとは

将来、オリンピックや国際大会、国内トップレベルの大会で活躍するための資質を、ゴールデンエイジの時期(9~12歳)に、身に付けるためのプログラムです。トップアスリートとして必要な基礎知識、スポーツに対する考え方、学習との両立の仕方など様々な内容を、国内外の先進的な指導方法を活用して学習し、人間性も高め、宮城県の復興の担い手としての自覚も育んでいきます。

また、県内スポーツ競技団体、中央競技団体等との協力により、本気でアスリートを目指す子どもたちを支援します。(詳しい連携内容は協議中)

ゴールデンエイジとは
成長の段階において、動きの巧みさを身に付けたり、あらゆることを短時間で覚えることのできる一生に一度だけ訪れるとされる時期。(9〜12歳とされている。)

選考スケジュール  ※6月下旬に掲載予定

 

アクセス数